ダイエット、知っておきたい豆知識

こんにちは「ループ」トレーナーの岡本です。

もうすぐ梅雨明けでしょうか?

来週ぐらいから夏本番!を迎えそうなので

夏バテ対策はしっかりとしておこうと思います。

 

今日は「ダイエット、知っておきたい豆知識」というお話です。

まず初めに「酵素」についてお話しします?

アミノ酸化合物(タンパク質)で代謝系に関係する。

人の消化・代謝は酵素の働きによるものが大きいです。

そもそも酵素はタンパク質なんですよ

タンパク質は、体内に入るとアミノ酸に分解されます。

そこから小腸で吸収され、酵素もタンパク質の一種だから体内で分解される。

アミノ酸まで分解された酵素の効能が得られるという科学的根拠はどこにも存在しない
ん??

酵素=タンパク質

上記に書いてるようにアミノ酸にまで分解される

胃に到達した時点で、強力な胃酸や、ペプシン(タンパク質を分解する酵素)によってアミノ酸まで分解される。

と、言うことは。
肉食べるのと変わらない

そこに瓶1本数千円、数万円かける必要ある️??

《結論》
お金がもったいない。

世の中にはロビー活動が上手い業界の
言ってる事があたかも真実のような事になる事が多々あります。

次は果物ジュースはほんとに体にいいの?

健康のために野菜、果物ジュースを飲む人もいますよね。

でも、ヘルシーなイメージと裏腹にこれらのジュースは脂肪肝を育てていきます。

これは果糖を多く含むと言うことが問題なんですよね。

食べ物の糖質はブドウ糖にかわり血糖となるが、果糖は吸収されると約8割が肝臓で脂肪に変わります。

清涼飲料水などに多く含まれるのでこれから暑くなると飲みたくなると思いますが、
控えめにしたほうがいいと思います。

肝機能が低下すると体にいろいろな不調が現れますので、
少しの注意で改善できるんであればやっておいたほうがいいと思います。

BMI(Body Mass Inde)ってご存じですか?

私は何でもかんでも数値で平均値を調べたりするのが嫌いですが

ダイエットを始めるときの肥満度の指標としてお役に立てればと思います。

BMIの計算の仕方

BMI=体重÷身長÷身長です。

私を題材に計算してみると

78kgで身長が177cmなので

78÷1.77÷1.77=24.89

となります。

BMIの指標

低体重 (痩せ) 18.50未満 低体重
普通体重 18.50以上〜25.00未満 標準
肥満 (1度) 25.00以上〜30.00未満 肥満
肥満 (2度) 30.00以上〜35.00未満
肥満 (3度) 35.00以上〜40.00未満 高度肥満
肥満 (4度) 40.00以上

私は24.89なので普通体重の中に入ります。

因みに日本ではBMI 22が一番いいとされています。

皆さんも一度自分のBMIを知って
どれぐらいの体重を落とせばいいのか?を把握するといいと思いますよ。

でもあくまでBMIは目安で、減量目標の指標ぐらいに考えてくださいね。

なぜ「夜はご飯などを食べないほうがいい」のか?

なぜ夜に炭水化物糖質ですねを食べるのは良くないのかといいますと、

糖質は、使わないと体内で脂肪に変わり貯蓄されてしまうからです。

夜一日の活動が終わる頃に糖質をとってしまうと、寝るまでの時間に摂取した糖質は使い切れませんよね。

使いきれなかった糖質は脂肪として体に貯蓄されるのでダイエットの敵になると言うことです。

ただ朝昼はまだ活動量がありますので過度に糖質を減らす必要はなく、

夜だけ糖質を制限するということからはじめるとダイエットは持続しやすいですよ

次は「運動しないと筋肉が減っていく」と言うお話です。

社会人になり、運動を生活習慣に取り入れないと筋肉は1年に1%の割合で減っていくと言われています。

去年からのコロナ禍で仕事でもプライベートでも外出の機会が少なくなり、筋肉はより落ちやすい状況の中で今生活している人が多いと思います

基礎代謝の20%以上を占めるのは筋肉です。筋肉の減少は代謝ダウンにつながり、代謝がダウンすると結果的に肥満に直結していきます

逆に、運動してない人が「生活を何も変えていないのに太っていく」と言われる人がおられますが、これは運動不足による筋力低下で肥満を引き起こしていると思われます

皆様はそうならないように生活に運動を取り入れていくことを心がけていきましょうね。

それが1番の体重増加の予防になります。

次はは「痩せるためのご飯の食べ方」と言うお話し。

アバウトですが人間の体は70%が水分、20%がタンパク質、10%が資質で構成されています。

という事は、水分以外を除くと
大半がタンパク質と言うことになります。

このためタンパク質をある程度までとらないと人間の満腹中枢が満たされないようになっています。

と言う事は、タンパク質を多くとる事で
満腹中枢が満たされやすくなり、結果的にダイエットを成功させる確率が上がると言うことになります。

ダイエットを成功させ方はぜひタンパク質を多くとり炭水化物の量を減らしてみてください😊

最近の肥満傾向では人間は脳から太っていくんだよと考えておりまして、
これはシンプルに、中毒性のある食品を食べると

脳は「これはおいしい」と「もっとちょうだい」と一種のの中毒症状を起こし食欲が止まらなくなるわけです。

食品各メーカーがこの中毒症状起こす食品を作っているわけで
それを売るためにTVコマーシャルをしたり、高額な出演料を支払い
テレビ番組で「体に良い食べ物」なんて宣伝してもらったり・・・

そうやって消費者のマインドをかけてヒット商品を作るわけなんですが

そんなものが世の中に溢れているので、ついつい食べてしまう・・・

と言う行為はあなたの意志が弱いのではなくて、そんな中毒性のある食品を巷でたくさん売っている、
食べれると言うことが問題と言う事です。

12位 フライドチキン
11位 ベーコン ハム ソーセージ
10位 チーズ
9位 ケーキ
8位 炭酸飲料水
7位 チーズバーガー
6位 フライドポテト
5位 アイスクリーム
4位 クッキー
3位 ポテトチップス
2位 チョコレート
1位 ピザ

ダイエットを成功させたければ
これらの食べ物は控えましょうね^_^

要は日本食を食べてたら
いいと言うことですね👍

筋トレを信じれば悪い流れも断ち切れます。

筋トレをただの運動だと思ったら大間違いです。
運動と言うよりは座禅や礼拝に近い。
信じれるのは自分自身!と良い意味で宗教的です。

ストレス方や人生が辛いときには、筋トレをして悪い流れを断ち切る。理屈じゃ説明できないので試してもらうしかないんですが、気分が最悪の時でも1時間の筋トレで気分が最高になったりします😊

これはホルモンの分泌によるものなのですが、日常的にトレーニングを行ってない人はやはり精神的疾患にかかりやすいと言う研究結果もあります

皆さんは、トレーニングは人生に必要のものだと認識してこれからも頑張っていきましょうね

幸せになるために1番必要なものは健康な体ですこれは間違いないです

食事満足度の高い食べ物でダイエット

まずはサラダなどでボリュームの多い食べ物を食べること。

芋類を除く野菜が低カロリーで代表的です。

後は満腹感の高まりやすい食材を選ぶことも必要です

1.ポップコーン
2 .魚(特に青魚がいいですね)
3.オレンジ
4.オートミール
5.じゃがいも

タンパク質は魚から取り、朝食は食パンからジャガイモを調理したものに変えたり、おやつはポップコーン、オレンジにする。
などでかなり満腹感に満ちて無理なくダイエットが成功する可能性が高まるのでぜひ試してください😊

あと、ゆで卵なども食事満足度が高いのでどうしても食事から食事の間にお腹がすいた時はゆで卵などを食べて空腹感を抑えるようにしてダイエットを成功に導いていきましょうね

皆様にはいつも言っておりますが、自分の中の食事摂取量が必ずしも当たり前ではないと言うことを認識していただき、この機会にリバウンドしない、正しい食事量を脳に覚え込ませまて
常にBMI値の平均に入れるようにしていきましょうね

軽く運動している人の1日に必要な糖質量は??

軽く運動している人の1日に必要な糖質量は体重×5~7gです。

体重60キロの人の場合1日の炭水化物目安摂取量は300g〜420gです

タンパク質は体重× 1.6位を目安に取るようにしましょう。

こういったことを数字的に見るとあなたの1日の食事摂取量が多いことがお分かりかと思います。

ただ食事は楽しいものなので、
1日に必要な摂取量の中で美味しくいただける食べれるものを探す事も大切ですね

糖質は砂糖やあめちゃん、チョコレートなどの直糖ではなく、

あまり精製されていない炭水化物を
摂るように心がけると更にヨシ!

食事満足度が高い
サツマイモやオートミールなどを
日常的に食べると減量に効果が
ありますよ^_^

夏に向けて☀
更に身体をシェイプしていきましょうね^_^

関連記事

ページ上部へ戻る